神奈川の真鶴(福浦)や伊豆でダイビング!|湯河原にあるシーヒート(SEA HEAT)

海底のミステリーサークル

【今日の海況】 ポイント:福浦
天気:晴れ 気温:23℃
風:南2m 波:1m
潮周り:中潮 満5:28 干:12:35
透視度:5~8m
水温:18〜19℃
⇒ウェット(ロクハンで余裕、5mm2ピースもイケる、5mm1ピースはフードベスト着たら◯)、ドライスーツ(インナーはヒートテック上下でOK)

 

コンニチバンハ!加藤です!!

 

今日は福浦で潜ってきました♪

オレンジのイロカエルアンコウに綺麗なマツカサウオに黄金コケギンポ、ビーチ沖のタツ根ではハナタツ4個体などナイスな被写体チェック〜( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

今年はアオリイカの産卵がほとんど来てないのが気になりますねぇ。

近くの江の浦や、いつもは福浦より後に観察できる伊豆の各ポイントでは観察できているのに…どうしたんだろ|ω・)

 

と、福浦もちろん楽しいんですが…

 

先日、奄美大島へと行ってまいりました。このご時世なので、悩みに悩んだんですが…現地ショップなどとも協議の末、できうる予防はしつつ。

 

その目的は…

 

 

ミステリーサークル

海底に浮かぶ、ミステリーサークル。

なんて神秘的な光景…

これ、なんだか知っていますか??

 

 

 

 

奄美ミステリーサークル

よく見てください。

ミステリーサークルの真ん中あたり。

「アマミホシゾラフグ」という、体長10cmほどのフグです。

 

何も無い砂地に、自らの胸びれと腹を使って、溝を作って幾何学模様を描くのです。

溝を作る時に進むスピードが早ければ溝は浅く、逆にスピードが遅ければ溝は深く。

貝を咥えて持ってきて、砕いて散りばめて。

 

オスが孤独に、頑張ってこの模様を描く目的は…

 

「産卵床を作る」ため。

 

溝や散りばめた貝殻にも意味があり、産卵をした際の卵に効率的に新鮮な海水が循環するそうな。

 

この立派なミステリーサークルが完成すると、その完成度をメスがチェック。

(出来栄え次第でモテる個体もいれば、せっかく作っても産卵に使われないこともあるそう)

 

見事に認められるとメスが産卵床に入り、オスがメスに少し噛み付いて(kissをしているようにも見える)、産卵を。

 

産卵後はオスが卵を守り、卵が孵る…とのこと。

ちなみに他の魚が来たら追払い、ヒレで新鮮な海水が卵に送ったりと、めちゃくちゃイクメンなんだそう。

(ちなみに産卵後のミステリーサークルはメンテナンスはせず、崩れていく…のが、卵がちょうど隠れて良いらしい)

 

異性へのアピールをする生物や、巣を作る生物はいるものの、ここまで複雑な幾何学模様を描く生物は唯一無二。

 

しかもこのアマミホシゾラフグ、観察できるのが奄美大島だけ

 

広い地球上で、日本の中でも似たような環境の海はあるものの、奄美大島だけって…

 

すごすぎる。

 

 

ミステリーサークルの番人

最初に見に行った時には完成度70%くらいだったミステリーサークル。

翌日に行くと、なんと完成していたのです…!!

なんという働きもの。

 

そして翌日の早朝からの産卵に備えて、体力の回復/温存をしつつミステリーサークル(産卵床)を守るために、砂に潜っている姿も観察できました。

 

 

 

 

アマミホシゾラフグ

背中の模様を見たら、なるほど確かに奄美の星空のような。

この状態だけを見たら「かわいいフグ」なんだけど

砂に潜っている姿が、もはや凛々しくてかっこよくみえる。

 

 

と、今回のチャンスは2日間だけだったので観察はこれで終了。

 

産卵は、上手くいったのかな。

 

数日で孵るってことだから、そろそろかな。

 

そしたら次のミステリーサークル作り…すごい生命力だなぁ。

 

作成過程から卵が孵るまで、観察してみたい…

 

 

とはいえ、完成したキレイなサークルを見られるのはたったの2日間だけ。

 

シーズン中でもチャンスは月に2回、あるかないか。トータルすると年間で10日前後…

 

現地ショップのネバーランドさんと相談しながら日程として狙って行ったとはいえ、初めての奄美大島で、とんでもなくラッキーだったのでは╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

 

 

奄美大島、これだけじゃなくて他ポイントもめちゃくちゃ楽しかったです♪

ちょっと感動が大きすぎて、これだけで内容が終わってしまった(/ω\)

 

アマミホシゾラフグのミステリーサークル、来年も狙います。

 

既に予約や問い合わせが多数。

気になる方は、ぜひともご連絡くださいませ〜

 

ではではっ

 

 

 

============  お知らせ  ============

 

福浦の海をホームとする湯河原のダイビングショップ『SEA HEAT(シーヒート)』より、お知らせをする欄。

 

6/19(土)〜6/20(日) 開催決定!

 &7/21(水)〜7/22(木) 開催決定!

  &7/6(火)~7/7(水)  開催決定!

「狙えハンマーリバー!神子元2daysツアー!」

 

これぞ与那国ハンマー photo by kaori(at 与那国)

 

南伊豆にある無人島、神子元島。

そこは他ポイントの追随を許さない、The外洋ダイビング。

 

黒潮が当たると透視度20mを超える。

 

全ポイントがドリフトダイビングで、強い潮流が起こりやすく地形も複雑のため、下記のような制限はあるものの、そこには大きな感動が。

 

ハンマーヘッドシャークの群れを狙って、いざチャレンジ!!

【参加条件】

・最低でも50本以上のダイビング経験があること (神子元のルールでは最低経験30本ですが、当店では50本とします)

・半年以内にダイビングをしていること(できれば3ヶ月以内が良い)

・ダイビングを自立して行えるスキルがあること(器材のセッティング〜脱着〜片付け、中性浮力/残圧の管理、水中でのある程度のトラブル対処など)

 

今回の2daysツアーは2回とも、中上級ダイバー向けのツアーになっております。

これ以外の日程でも、人数が集まれば開催が可能です。

是非是非、お問い合わせください^^

 

 

 


オススメの離島 ~初島~

初島のカンパチ

 

都心から最も近い、初島。

 

熱海のフェリー乗り場から25分、そこには島時間が流れる。

生物層は、まるでボートポイント。溢れる魚群に、豊富なマクロ生物。

 

お一人からでも開催が可能です。

どしどしリクエストくださ~~~~い♪

初島のダイワハウス

 

 

この他なんでも、ツアーのご希望あればお気軽にリクエストを(/・ω・)/

あなたの一言で、素敵なツアーをつくります

===========================

シーヒートのHPはこちら

シーヒート ロゴ ルート66 アメ車 クリック

 

シーヒートのインスタはこちら
Instagram.png
クリック

 

シーヒートのFacebookはこちら
facebook.png
クリック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

« 前のページに戻る

サイト内検索

News

シーヒート神子元2021、シーズンイン!

シーヒート神子元2021、シーズンイン!

ダイバーの憧れ、神子元。

そこには無数の魚たちやダイナミックな地形、複雑な潮流…これだけでも充分。

なのに、いるんです。大迫力のハンマーヘッドの群れが。

今年も行きますよ〜〜〜!!ご希望の方、お問い合わせください!!

アオリイカ産卵、大フィーバー中!!

アオリイカ産卵、大フィーバー中!!

福浦ビーチ、増した産卵床のおかげか…産卵シーンが大迫力!!

大袈裟ではなく、50オーバーのアオリイカが集まって目の前で生態ショーを観察できています。

他も回りたいのに、動けないほどの生態行動…ぜひ!!

アオリイカの産卵礁、増量!!

アオリイカの産卵礁、増量!!

ホーム福浦で、アオリイカの産卵礁を追加で設置してきました。

今年はまだ静かですが…これから産卵フィーバーが来るハズ!!

神秘のミステリーサークル

神秘のミステリーサークル

2012年に発見され、TV放映もあり有名になりつつある「ミステリーサークル」

奄美大島だけの感動、味わってきました。

小さなフグの織りなす、大きな感動。  ブログはこちら 

来年もツアーで狙います。おそらくすぐに予約が埋まってしまうかと。

福浦アツくなってます

福浦アツくなってます

ホームの福浦が、なんだか凄いです。

見たいなぁと思っていた生物が溢れたり、こんなとこに!みたいなのがいたり。

あと邪眼持ちも。オモロです、福浦。 ブログ どぞ。

連絡先

TEL:0465-55-8329
受付時間:8:00〜20:00

LINEで最新情報